幻影城」作者別索引 や-わ


作者名作品名区分掲載誌No.
八重座螢四鴉殺人事件の真相1977年12月号37
八重野潮路破れし原稿用紙1976年7月号20
矢島敬士幻影城サロン・「横溝正史の世界」に期待1976年3月号15
安江きよみ怪の会」通信・座談会印象記1976年12月号25
安塚徹幻影城サロン・二代目編集長にしてくれ1975年6月号5
安塚徹幻影城サロン・S氏コーナー・新人賞作家競作について1976年7月号20
安永一郎恥目家の亡霊1978年10月号47
柳田欣一読者の声(別)1976年8月号5
柳田欣一幻影城サロン・恐るべき新人1977年1月号26
柳瀬繁幻影城サロン・本格物・パズラ−に徹せよ1975年6月号5
山口海旋風レジデントの時計1975年4月号3
山口尚子読者の声(別)1977年7月号12
山口雅也全日本大学ミステリ連合通信 No.81976年3月号15
山崎徹也ロック」創刊の頃1975年12月号12
山沢晴雄電話1976年11月号24
山沢晴雄1977年7月号32
山下武夢野文学の原点1977年3月号28
山下利三郎頭の悪い男1976年7月号20
山田一臣読者の声(別)1976年10月号7
山田風太郎みささぎ盗賊1975年12月号12
山野浩一日本のSFベター10・私の日本SFベスト101978年8月号45
山野辺進幻影城画壇・押絵と旅する男1975年7月増刊号7
山野辺進山野辺進の華麗な世界1978年8月号45
山村正夫中島河太郎氏について1975年2月号1
山村正夫夢幻の錬金術師・大坪砂男1975年2月号/(評)わが懐旧的探偵作家論 1
山村正夫ロマンの残党・氷川瓏1975年3月号/(評)わが懐旧的探偵作家論 2
山村正夫推理文壇の奇人作家・大河内常平1975年4月号/(評)わが懐旧的探偵作家論 3
山村正夫海鰻荘の怪奇幻想詩人・香山滋1975年5月号/(評)わが懐旧的探偵作家論 4
山村正夫大内茂男氏について1975年5月号4
山村正夫芭蕉に挑んだ文学派の長老・木々高太郎1975年6月号/(評)わが懐旧的探偵作家論 5
山村正夫風俗ミステリーの異才・朝山蜻一1975年7月号/(評)わが懐旧的探偵作家論 6
山村正夫幻影城の城主・江戸川乱歩1975年7月増刊号/(評)わが懐旧的探偵作家論 7
山村正夫フランス仕込みの名人芸作家・日影丈吉1975年8月号/(評)わが懐旧的探偵作家論 8
山村正夫ミステリー界の新感覚派・狩久1975年9月号/(評)わが懐旧的探偵作家論 9
山村正夫関西本格派の鬼・香住春吾1975年10月号/(評)わが懐旧的探偵作家論 10
山村正夫王朝物ミステリーの開拓者・岡田鯱彦1975年11月号/(評)わが懐旧的探偵作家論 11
山村正夫奇想小説の鬼才・山田風太郎1975年12月号/(評)わが懐旧的探偵作家論 12
山村正夫英文学者の異色本格派・千代有三1976年1月号/(評)わが懐旧的探偵作家論 13
山村正夫推理文壇きってのトリックメーカー・鮎川哲也1976年2月号/(評)わが懐旧的探偵作家論 14
山村正夫脱獄トリックの名手・ 楠田匡介1976年3月号/(評)わが懐旧的探偵作家論 15
山村正夫怪奇幻想の異端詩人・城昌幸1976年4月号/(評)わが懐旧的探偵作家論 16
山村正夫怪奇ロマンの本格派の巨匠・横溝正史1976年5月増刊号/(評)わが懐旧的探偵作家論 18
山村正夫事件記者推理の名手・島田一男1976年6月号/(評)わが懐旧的探偵作家論 19
山村正夫江戸川乱歩一座(別)1976年8月号5
山村正夫戦後探偵文壇の思い出の作家たち=序論(評)わが懐旧的探偵作家論 2
山村正夫伝奇時代小説と本格探偵小説の長老=角田喜久雄(評)わが懐旧的探偵作家論 2
山村正夫後書(評)わが懐旧的探偵作家論 2
山村正夫戦後派本格探偵小説の驍将(別)1976年10月号/(評)わが懐旧的探偵作家論 7
山村正夫乱歩賞きっての多才な実力派・藤村正太1977年6月号31
山村正夫未だ実現してない二つの望み(別)1977年7月号12
山村美紗鮎川哲也先生の私(別)1976年12月号9
山野明日本のSF10選・私の日本SFベスト101978年8月号45
山本周五郎出来ていた青1975年9月号9
山本周五郎猿耳1975年9月号9
山本周五郎火の紙票1975年9月号9
山本周五郎小法師の勝ちだ1975年9月号9
山本直樹我が師、彼の京−1976年9月号22
山本禾太郎抱茗荷の説1975年8月号8
山本禾太郎幽霊写真1975年8月号8
山本禾太郎1976年12月号25
山本禾太郎小笛事件1977年9月号34
山本禾太郎探偵小説と犯罪実話小説☆※1977年9月号34
八本正幸幻影城サロン・長い手紙を書いた理由1975年7月号6
湯浅よし野幻影城サロン・「別冊」を心しずかに楽しみます1975年9月号9
U幻影城サロンが変りました1976年7月号20
夢野久作江戸川乱歩氏に対する私の感想☆※1975年7月増刊号7
夢野久作探偵小説漫想(抄)☆※1975年8月号8
夢野久作江川蘭子5・悪魔以上1976年4月号16
夢野久作あやかしの鼓1976年12月号25
夢野久作侏儒1977年3月号28
横田順彌未来戦争小説の系譜1975年4月号3
横溝正史かひやぐら物語1975年2月号1
横溝正史寂しさの極みに立ちて1975年2月号1
横溝正史第一回<幻影城>新人賞選者の言葉−私の希望1975年6月号5
横溝正史毒の矢1975年7月号6
横溝正史二千六百万年後1975年7月号6
横溝正史からくり御殿1975年7月号6
横溝正史風見鶏の下で1975年7月号6
横溝正史「パノラマ島奇譚」と「陰獣」が出来る話1975年7月増刊号7
横溝正史本陣殺人事件(別)1975年9月号1
横溝正史インタビュー・せめてなりたやクリスティさんに(別)1975年9月号1
横溝正史獄門島(別)1975年9月号1
横溝正史恐怖の映画1976年1月号13
横溝正史死の部屋1976年1月号13
横溝正史誘蛾燈1976年1月号13
横溝正史湖畔1976年1月号13
横溝正史第一回<幻影城>新人賞・小説部門選考委員評・久しぶりに読む短篇小説1976年3月号15
横溝正史江川蘭子2・絞首台1976年4月号16
横溝正史私の探偵小説論(抄)☆※1976年5月号17
横溝正史書かでもの記1976年5月増刊号18
横溝正史桜日記・第二部1976年5月増刊号18
横溝正史続・書かでもの記・11976年8月号21
横溝正史続・書かでもの記・21976年9月号22
横溝正史続・書かでもの記・31976年10月号23
横溝正史続・書かでもの記・41976年11月号24
横溝正史犬神家の一族(別)1976年11月号8
横溝正史黒猫亭事件(別)1976年11月号8
横溝正史続・書かでもの記・51976年12月号25
横溝正史第二回<幻影城>新人賞・小説部門選評・情熱の欠如を痛感1977年2月号27
横溝正史続・書かでもの記・61977年2月号27
横溝正史立風書房「仁木悦子長篇推理小説全集」広告・横溝正史コメント1977年2月号/1977年6月号/1977年8月号27/31/33
横溝正史続・書かでもの記・71977年3月号28
横溝正史悪魔の手毬唄(別)1977年5月号11
横溝正史車井戸は何故軋る(別)1977年5月号11
横溝正史(別)1977年5月号11
横溝正史続・書かでもの記・81977年6月号31
横溝正史続・書かでもの記・91977年7月号32
横溝正史続・書かでもの記・101977年8月号33
横溝正史続・書かでもの記・111977年9月号34
横溝正史続・書かでもの記・121977年11月号36
横溝正史八つ墓村(別)1977年11月号14
横溝正史蜃気楼島の情熱(別)1977年11月号14
横溝正史支那扇の女(別)1977年11月号14
横溝正史対談・探偵小説への見果てぬ夢(別)1977年11月号14
横溝正史第三回<幻影城>新人賞・小説部門選評・選考を終えて1978年1月号38
横溝正史思い出の断片☆※(別)1978年3月号16
横溝亮一畦道の鬼☆※(別)1975年9月号1
横山隆一切絵の世界・宝島1978年9月号46
横山隆一作者の弁1978年9月号46
吉川弘一幻影城サロン・益々「幻影城」が好きになった1976年3月号15
吉田真司怪の会通信1978年6-7月号44
吉田真司「怪の会」通信1978年9月号46
吉田真司「怪の会」通信1978年11月号48
吉田真司「怪の会」通信1979年1月号50
吉田吉輝「怪の会」通信・「地下室」傑作選1976年12月号25
吉野賛十走狗1976年8月号21
吉持洋広島修道大学・ミステリィ・クラブ1978年2月号40
米田三星告げ口心臓1978年6-7月号44
蘭郁二郎睡魔1975年2月号1
蘭郁次郎蚯蚓語☆※1975年7月増刊号7
蘭郁二郎腐った蜉蝣1975年10月号10
蘭郁二郎※[#“亡”冠に“虫”に“虫”]の囁き1975年10月号10
李家豊受賞の言葉・守備範囲を広く1978年1月号38
李家豊緑の草原に…1978年1月号38
李家豊いつの日か、ふたたび1978年3月号41
李家豊続・幻影城・新しい影たちの声1978年3月号41
李家豊流星航路1978年5月号43
李家豊我田引水的SF談義1978年5月号43
李家豊海賊船ロシナンテ号1978年6-7月号44
李家豊懸賞金稼ぎ1978年8月号45
李家豊影の会通信・初夏の宵の集い1978年8月号45
李家豊黄昏都市1978年9月号46
李家豊白い断頭台1978年9月号46
李家豊品種改良1978年9月号46
李家豊深紅の寒流1979年1月号50
李家豊黄色の夜1979年6月号52
寮快太郎豪華なるX殺人事件1977年12月号37
モーリス・ルヴェル誰?1976年9月号22
連城三紀彦受賞の言葉・恐ろしさが本音1978年1月号38
連城三紀彦変調二人羽織1978年1月号38
連城三紀彦ある東京の扉1978年3月号41
連城三紀彦続・幻影城・新しい影たちの声1978年3月号41
連城三紀彦六花の印1978年5月号43
連城三紀彦ボクの探偵小説観1978年5月号43
連城三紀彦藤の香1978年8月号45
連城三紀彦消えた新幹線1978年8月号45
連城三紀彦メビウスの環1978年8月号45
連城三紀彦<影の会>通信・ボクちゃんを囲んで1978年9月号46
連城三紀彦菊の塵1978年10月号47
連城三紀彦<花葬>シリーズのこと1978年10月号47
連城三紀彦桔梗の宿1979年1月号50
連城三紀彦桐の棺1979年5月号51
連城三紀彦百蓮の寺1979年6月号52
連城三紀彦暗色コメディ/(ノ)暗色コメディ14
六郷一白鳥の歌1976年4月号16
若狭英生ミステリ・クラブ紹介・どぐら・まぐら1976年9月号22
脇祥一幻影城サロン・新年号の横溝正史氏が楽しみ1975年10月号10
脇祥一読者の声(別)1976年7月号4
和氣律次郎二重の陥穽1977年1月号26
鷲尾三郎魚臭1975年5月号4
鷲尾三郎香山滋について−香山さんを偲ぶ1975年5月号4
鷲見智希幻影城サロン・バック・ナンバーも揃えます1977年7月号32
渡辺東幻影城画壇・陰獣1975年7月増刊号7
渡辺温兵隊の死1976年10月号23
渡辺和靖現代探偵小説の構築1978年12月号49
渡辺和靖戦後探偵小説論1979年5月号51
渡辺和靖影の会通信・楽しい忘年会1979年5月号51
渡辺和靖黄色い部屋を再建するために1979年7月号53
渡辺啓助血蝙蝠1975年3月号2
渡辺啓助逢魔ヶ刻の吸引力1975年3月号2
渡辺啓助偽眼のマドンナ1975年7月号6
渡辺啓助血痕二重奏1975年7月号6
渡辺啓助乱歩の接点1975年7月増刊号7
渡辺啓助思い出の回路1976年5月増刊号18
渡辺啓助城昌幸追悼・思い出は愛し1977年2月号27
渡辺啓助わが創作法☆※1977年11月号36
渡辺剣次青酸土曜会1975年3月号2
渡辺剣次「土曜會通信」について1975年5月号4
渡辺剣次乱歩から学んだこと1975年7月増刊号7
渡辺剣次十五年前(別)1976年8月号5
渡辺聡幻影城サロン・心配事が杞憂であれば1977年10月号35
渡辺聰幻影城サロン・充実した内容に期待1979年5月号51
渡辺司全日本大学ミステリー連合通信 No.71976年2月号14
渡辺均梅田ホテルでの話☆※(別)1978年3月号16
和田正純幻影城サロン・こづかいがなくなった1975年4月号3
和田優美子幻影城サロン・新年懸賞犯人当てメイ答特集1977年3月号28
和地俊一原子力未来戦1975年4月号3

表紙へ戻る